【リダイレクト】重複コンテンツとは?GoogleSearchConsoleで「正規ページが登録されていません」と出る場合の対処法!

GoogleSearchConsoleを利用していて「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」と出た時の対処法を紹介します。

重複コンテンツとは

重複コンテンツとはタイトルや内容がほとんど同じページのことです。
重複コンテンツはSEOに悪影響を与えるため、できるだけ避けるようにしなければいけません。

複数のurlから似たページにアクセスできる場合重複コンテンツと判断されます。

そのためSSL化を行うことによりhttpとhttpsの二つのリンクが発生した場合、どちらかのリンクを正規のものとGoogle側に伝えないと重複コンテンツと判断されます。

重複コンテンツを確かめる方法

自分のコンテンツ同士で重複している場合と、他人のサイトで重複している場合で確かめ方が変わってきます。

自作サイト内での重複を確かめる方法

自作サイト内で重複している場合、GoogleSearchConsoleで「ページ」から「ページがインデックスに登録されなかった理由」で確認できます。

他人のサイトと重複を確かめる方法

他人のサイトと重複を確かめるにはツールを使うのが一番早いです。

sujiko.jpで確かめたい2つのページを入力して、重複度合いが高い場合重複コンテンツとみなされる場合が高いです。

重複コンテンツが良くない理由

重複コンテンツがSEO評価によくない理由は次の3つです。

  1. 評価が分散される
  2. 検索順位が下がる
  3. ペナルティを受ける

評価が分散される

本来一つのurlだけに集中していた評価が、複数のurlによって評価が分散されます。

評価が分散されることによって検索順位に影響がでて、本来伸びた記事も伸びなくなってしまいます。

検索順位が下がる

重複コンテンツを残していると、Googleが信頼性などの評価からサイト全体の検索順位が下がります。

ひとつでも重複コンテンツを残していると、サイトの検索順位は伸びにくく下がり易い状態になってしまいます。

ペナルティを受ける

これは他人のコピーコンテンツとGoogleに判断され、ガイドライン違反からペナルティをもらうことがあります。

ペナルティを受けるとindexが消されたり、検索順位が大幅に下がる、検索順位が上げられないなどの状態になります。

重複コンテンツと判断される理由

このサイトを作ってから数日して気づいたのですが、次のメッセージが出ていました。

自分のサイトで重複コンテンツと判断されていたのは以下の通りでした。

  1. ssl化によるhttp、https
  2. wwwありとなし
  3. indexありとなし

上記は自分が実際に起こった重複であり、他にもいろいろなurlの違いがあると思います。

なぜかindex.htmlだけ重複コンテンツが4つあると判断されて、他のコンテンツは大丈夫でした。

indexは初めからあるので、それぞれのurlが残っているのかもしれません。

重複コンテンツの対策法

簡単な対策方法として以下の3パターンを紹介します。

  1. 301リダイレクト
  2. canonicalタグを使う
  3. コンテンツの削除

301リダイレクト

リダイレクトは永続的な301リダイレクトと一時的な302リダイレクトの2種類あり、正規化として使われるのは永続的な301リダイレクトです。

htaccessファイルやJavaScriptでリダイレクトをするので、httpsに統一やwwwなしなど自分がやりたいことを調べて作成しましょう。

またhtaccessファイルはサーバーによって利用できるのか変わってくるので、自身のサイトで使えるのか確認してから利用して組みてください。

canonicalを使う

重複しているコンテンツのhead内に以下のようなcanonicalタグを設置することで、統一させたいurlに正規化することができます。

See the Pen cannocal by コココット (@cococodog) on CodePen.

301リダイレクトと違い、どのサーバーでも利用できてhead内に書くだけで統一化できるのでとても簡単です。

しかしSEO対策としてはurl自体を統一した方が良いので、301リダイレクトの方が推奨されています。

301リダイレクトが利用できない場合、canonicalタグを利用すれば良いと思います。

コンテンツの削除

重複しているコンテンツ自体を削除する方法です。

自作サイト内で重複している場合、正規化したいurl以外をGoogleSearchConsoleで削除することで重複をなくすことができます。

他人のサイトでも自身のサイトのコピーコンテンツを作られた場合、GoogleSearchConsoleで削除申請することができます。

Googleがコピーコンテンツと認めた場合、相手のページが削除されます。
時間がかかる場合があるので即時性はないですが、コピーコンテンツがあると検索に影響があるのでしっかりと削除申請はしておきましょう。

まとめ

一つでも重複コンテンツを残していると、Googleからのサイト自体の評価が下がりSEOに影響が出ます。

他人のサイトのコピーコンテンツにならないことはもちろん、自分のサイト内でも重複しないように気おつけてください。